手を繋ぐ人

生涯を共にする結婚相手を見つけよう|家族になるということ

遠距離を続けるコツ

メール

連絡の頻度を気をつける

遠距離恋愛でメールや電話をする時に気をつけることは、連絡する時間帯や頻度です。相手が仕事中に何通ものメールや着信を入れると、マナーモードに設定していても、迷惑になることもあります。自分がメールを送れる自由な時間があっても、返信がない場合は、何通も連続で送ることは控えましょう。また、帰宅後にも相手の気持ちを考えることが必要です。平日の夜間は、付き合いで飲み会などの場合、なかなか連絡がないこともあります。そんな時に、遠距離恋愛の場合不安になってしまいがちですが、連絡がこない事不満や不安を感じることはタブーです。物理的な距離がある遠距離恋愛の場合、相手を信じて待つということが何よりも大切です。離れているからこそ、それぞれの時間を過ごし楽しむことで成長します。遠距離恋愛が続かないカップルの原因に、相手を信じ切れずケンカ別れになってしまうことがあります。連絡がないと、浮気や自分に気持ちがなくなってしまったのではないかと考えて疑い深くなります。相手に疑われて良い気持ちになる人はいません。お互いを信じて過ごせば、どんなに離れていようとも信頼は壊れることはありません。しかし、まったく連絡を取らないでいることも良いことではありません。適度な距離間を保って、メールや電話などを行いコンタクトをとることは、遠距離恋愛を続けていくためのポイントです。すぐに会えない距離にいることは、お互いに本当に大切な相手かどうかが見えてくる正念場でもあります。